【北京五輪金メダリスト実践】クレー射撃上達法とは?

オリンピック金メダリストが効果を実証

チェック

『最近あいつ腕を上げたなぁ…』
クレー射撃仲間からそのようにささやかれたくないですか?

 

このサイトでは、北京オリンピック金メダリストのMr. David Kostecky 選手(チェコ共和国)が現役引退を考え始めた矢先に導入し、結果さらなる高みを目指すに至った画期的な上達法について解説します。

チェック

クレー射撃で史上初のワールドカップ2連覇を達成したMr. David Kosteleckyトラップ競技チェコ共和国代表選手

この上達法は、クレー射撃の初心者から中級者、そして国体やオリンピックで活躍する上級者にまで幅広く有効な方法です。
トラップ射撃・スキート射撃いずれの種目においてもこの上達法を取り入れ急激にスコアをアップさせている方が急増しています。
短期間でスコアをメキメキとアップさせ、仲間をアッと言わせたい方には非常に有益な情報です。

 

私がこの上達法を知った経緯

私自身、40歳を過ぎてからジリジリとスコアが落ちていくのを感じていました。

 

経験値は確実に上がっているはずですが、なぜか肝心なところでミスしてしまうのです。

 

「アレッ、おかしいなぁ」と思いながらも原因がわからず、試行錯誤の毎日でした。

 

年齢からくる衰えなのでしょうか。同じように悩んでいる方も多いと思います。

 

そこでネットでいろいろと調べまくった結果、ついにこのクレー射撃上達法に出会ったのです。

 

私の場合、この上達法を取り入れてから2週間ほどでハッキリした効果が出てきました。

 

面白いように狙ったクレーを余裕をもって次々と打ち抜けるようになった瞬間は今でも忘れません。

 

“当たった”ではなく、目の前に置いてあるリンゴをガシッと手を伸ばして鷲づかみするような、当たり前の感覚で“当てる”ことができたのです。

 

打ち終わった後、思わず『オォッ!』と声を上げていました。

 

今回は、この快感をみなさんと共有したいと思います。

 

私と同じ上達を体験するカギはあなたのすぐ目の前にあります。

一般的なクレー射撃の上達法は?

一般的にクレー射撃の上達を目指す場合、どのようなことが考えられるでしょうか。

  • フィジカル面の強化

クレー射撃という競技で安定した成績を出すには、他のスポーツと同様に筋力・柔軟性・持久力が必要となります。

 

筋力は、銃を構えることで必要な分だけついてきますが、より安定した結果を出すためには弱い部分の意識的強化が必要でしょう。
大胸筋・腹筋・背筋は特に重要な筋肉です。

 

また、競技後半のスタミナ切れ、集中力の低下を防ぐためにも、日頃からジョギングなどで基礎体力を上げておくことでも地味に効果が出てきます。

  • フォームのチェック

クレー射撃の競技者は、先輩のアドバイスを受けながらも自己流でフォームを固めてきた方がほとんどだと思います。

 

一度ついてしまったクセは、競技歴の長い方ほど修正は難しいでしょう。

 

今はスマホなどで簡単に動画が撮影できますので、仲間と協力し合って撮影することでフォームチェックが出来るだけでなく、思わぬ改善点が見つかったり上達のヒントが得られるかもしれません。

フォームチェック参考動画

クレー射撃上達に必須の要素とは?

【強化されたフィジカル】と【正しいフォーム】が大切という話をしました。
しかし、クレー射撃上達のための大前提となるような重要な要素を忘れていませんか?

 

それは、【視力】です。

チェック

しかも、30m以上離れた場所から秒速25m〜40mで移動するクレーを放出後わずか0.6〜0.8秒で狙い撃つには、非常に高いレベルの【動体視力】が必要となります。

 

高速移動するクレーを正確に捉えてこそ、はじめて鍛えた肉体や精密なフォームが生かされる訳です。

 

では、この競技の大前提になる【動体視力】を意識的に鍛えている人がどれくらいいるのでしょうか?
言うまでもありませんね。

 

そうなんです。クレー射撃で高得点を挙げるためのスタート地点となる移動するクレーを正確に捉える力=動体視力を積極的に鍛えている人はほとんどいないんですね。

 

または、動体視力を鍛える必要性を感じていても、その上達法をみなさん知らないんです。

 

だからこそ【動体視力】を強化することによって驚くほど競技力が上がり、ライバルにも差をつけられるのです!

チェック

年齢とともに動体視力の低下を感じている方は多いのではないでしょうか?

画期的な動体視力トレーニング法

長年の研究により動体視力を効果的に強化できる専用のゴーグルが開発されました。

 

『Visionup』(ビジョナップ)という製品です。
まず、『Visionup』の開発に携わった愛知工業大学の石垣教授のメッセージをご覧ください。(50秒)

チェック

チェック

 

『Visionup』の特徴と効果

チェック

石垣教授が動画の中で手にしているゴーグルをよく見るとチカチカと点滅していますよね。

 

このゴーグルを使用すると、カメラで連写する際のシャッターのように視界が点滅して見えます。
当然、動いているものは見えにくくなります。

 

このように視覚に負荷をかけることにより動体視力が強化されるのです。

 

自動車を運転していて高速道路から一般道に降りた際に、普通に走っているつもりでもメーターを見たら思ったよりスピードが出ていてビックリすることがありますよね。

 

この『インターチェンジ効果』と同じ原理なんです。

 

クレー射撃においてもトレーニング前と比較してクレーがよりハッキリゆっくり見えるため、余裕をもって対応できる効果が期待されます!

 

ところで『インターチェンジ効果』は何か特別な努力をした結果得られるモノでしょうか?違いますよね。

 

ただ高速で走り続けた後にそれよりも遅いスピードで走っただけで、本人は何の努力もしていません。

 

このように「動体視力を鍛える」とは言っても特別な忍耐力は要らないんです。面倒と努力が大嫌いな自分には最適の上達法だったわけです。

 

様々なスポーツで効果を発揮

『Visionup』は、様々なスポーツでトレーニングに取り入れられて、実績を上げています。
実は今、世界的に非常に注目されているアイテムなんです。

 

【野球】

 

【卓球】

【導入事例】
国内プロ野球・社会人野球・Jリーグ・なでしこリーグ・プロテニス選手・サッカーヨーロッパ代表チーム・ホッケーNHL・バスケットNBL・メジャーリーグ・クレー射撃など

【追記】公式サイトによるとプロ野球の読売ジャイアンツ・千葉ロッテマリーンズ・広島東洋カープそして他球団の選手も個人的に多数導入されているそうです。
オリンピックに出場するような超一流のアスリートや厳しいプロスポーツの世界においてチームとして公式に導入しているだけでなく、選手間の口コミで広まり個人でも練習に取り入れるケースが増えているそうです。
クレー射撃に関しても海外の強豪選手が多数使用しているそうですので、効果は本物ですね。
面白いように次々とクレーを撃ち砕く快感を是非味わってください!

 

クレー射撃金メダリストのメッセージ

「見るチカラ」の衰えを感じはじめ、そろそろ現役生活に終止符を打つべきか悩んでいた時にVisionupに出会いました。2ヶ月のトレーニングで以前にも増して「見るチカラ」がアップしたのには驚きました!引退どころか更に高みをめざせる自信がつきました。(北京オリンピック・クレー射撃金メダリスト Mr. David Kostelecky)

金メダリストのトレーニング映像

【引用】『Visionup』公式サイト

この他にも“利用者の声”が多数公式サイトに掲載されています。ご参考ください。

利用者の声はこちらから

チェック

クレー射撃における『Visionup』の使用法

わずか1日10〜15分、1日おきの使用で効果が出ます。

 

自らの射撃の際の使用はもちろん、仲間の練習のクレーを目で追うだけで大丈夫です。

 

人前での着用に抵抗がある場合は、ゴムボールで壁キャッチボールをしたり、天井からヒモでボールを吊るし左右に揺らして眺めることでもトレーニングになります。

 

バッティングセンターで他人の打球や近くの学校の野球部の練習を眺めるのも良いですね。

 

疲れることもなく、お金もかけずに動体視力向上トレーニングが可能です。

 

必ずしも実践並の高速の球でなくても効果はあります。

 

オリンピックメダリストの使用法

北京オリンピック クレー射撃金メダリストのMr. Kostelecky選手から『Visionup』専門店の店長である田村氏に送られたメールには、意外な練習法が綴られていました。

 

Mr. Kostelecky選手の練習方法は、クレー射撃とは直接関係がない基礎練習だけだったのです。

 

1回15分、週に3回、自宅の地下室にあるトレーニングルームで、

  1. 一人で卓球の壁打ち
  2. ボール3個でジャグリング(お手玉)
  3. ネットを使ったキャッチボール

の3つを繰り返しただけだったのです。

 

これは、動体視力を鍛えるという意味においては各競技の練習の中で使用するだけではなく、基礎的なトレーニングで十分効果があることを示しています。

 

しかも、たった1回15分、週に3回だけですよ。場所に関しても家の中でも練習可能です。
続けられないわけがないですよね。

 

Mr. Kostelecky選手からのメールには余談がありました。

 

彼は親交のある各国の様々な競技のスポーツ選手に『Visionup』を紹介したんですね。その数35台!

 

しかし、その先からは紹介が広まらなかったのです。

 

その理由とは・・・

チェック

『俺が使っていることは誰にも言うなよ!』というように口止めされていたということです(笑)

 

これは“『Visionup』の効果があまりにも凄すぎて、ライバルに使われては困る”ということを意味しています。

 

さらには、Mr. Kostelecky選手自身が役員を務めるイタリアの射撃用品メーカーCastellani社と販売店契約を締結するに至ったそうです。

 

自らが練習に取り入れ、クレー射撃上達の効果を確信できたからこその結果ですね。

 

30歳前後が競技選手のピークとされる中、40歳手前の選手が史上初のワールドカップ2連覇を達成したのですから、それは自信を持ってすすめられるはずです。

 

数か月後、今度はあなたが、

チェック

『俺が使っていることは誰にも言うなよ!』と仲間に話しているかもしれませんね。

購入は安心の公式サイトから

万が一にも類似品を手にしてしまうことが無いように公式サイトからの購入をおすすめします。

 

公式サイトでは、

  • 30日間返品OK
  • 全国送料無料
  • 1年間製品保証書付

となっています。

 

30日間返品可能というのは安心ですね。
さらに発送日より1年以内の故障に関しても、メーカーの保証規定に基き、無料修理するそうです。
1年経過後も規定に基き、有償にて対応しているので安心して長く使えますね。

 

ご自身での使用はもちろんですが、プレゼントとしても喜ばれると思います。

 

『Visionup』は様々なスポーツに応用できますので、スポーツをされているお子様・お孫様はもちろん加齢による目の衰えのため自転車・自動車の運転に不安を感じ始めた方の老化防止・回復にもおすすめです。

 

カラーは成人用3種類・ジュニア用3種類

【成人用】
チェックチェックチェック
【ジュニア用】
チェックチェックチェック

セット内容一覧

チェック

商品説明(公式サイトより)

動体視力トレーニングメガネ 『Visionup Athlete』 は、世界初のメガネタイプの目のトレーニング機器です。

 

液晶点滅レンズの”見え難さ”が、眼筋を鍛え、眼球の動きをスムーズにすることで動体視力やスポーツビジョンを向上します。

 

また、目標物の速さに調整して、その軌道を見たり、止まっているかのように見ることもでき、予測能力を高めます。

 

1日15分、週に3回、いつものウォームアップや基礎練習で使うだけ!誰でも、どこでも、簡単にお使いいただけます。

 

動体視力、深視力、瞬間視、広角視野、目と手の協応動作などスポーツビジョンを鍛えると、瞬発力や判断力がつきパフォーマンス・アップにつながります。

 

光体は使わず、液晶のON/OFFで視野を遮断し、見える/見えないを繰り返すだけなので、基本的に目や健康に害を与えることはありません。

 

メガネ本体・重量30g(バッテリー込み)。付属のACアダプターを使った家庭用電源からの充電式。フル充電で20時間以上の連続稼働(新品時)。

 

専用ポーチやハードケースも付属していて、保管や持ち運びにも便利です。

 

すぐにトレーニングできる練習用のゴムボールとフィット感を高めるヘッドバンドをおつけします。

テスト結果と導入事例(公式サイトより)

<実際のテスト結果>
■野球: 初めての使用で、中学生の野球部員の動体視力が2倍にアップ!
■野球: 補欠だった高校野球部員が半年の使用で、地区の打率No.1打者に!
■ゴルフ: ヘッドアップしない安定スイングとなり、2ヶ月でスコア110台が90台へ!
■サッカー:大学のサッカー部員のリフティング回数が、1ヶ月で何と7倍に!

 

<最近の導入ケース>
◆バレーボール全日本男子&全日本女子がトレーニングに正式に導入!
◆サッカー Jリーグ西日本某チームがトレーニングに正式に導入!
◆プロ野球 読売ジャイアンツ・広島東洋カープ・千葉ロッテマリーンズが正式に導入!
◆サッカー ドイツ・フランス1部リーグのチームが正式に導入!
◆クレー射撃、F1カーレース、ボクシング、格闘技などでも続々導入!

 

『Visionup』で極秘トレーニングを積んで大いに射撃人生を楽しんで下さい。

 

いつもの仲間から『どんな練習したんだ?頼む、教えてくれっ!』と頭を下げられるのもそう遠くはないことと思いますよ!

 

詳しい内容は、下のお姉さんをクリックして公式サイトで確認してみてください。
私が説明しきれなかったポイントが分かりやすく解説されています。

公式サイトはこちらです

チェック

クレー射撃・スキート・トラップ関連書籍

クレー射撃・スキート・トラップの上達のための関連書籍をご紹介します。

 

 

トラップ射撃実戦訓―百発百中必中の呪文 オンデマンド

原 史憲 (著)

 

Amazonのカスタマーレビューより
初心者の自分には20の壁が何とか、抜けられるヒントがあるよううに思われました。
トラップ射撃を開始に当たっては、初心者向けでたいへん参考になりました。

 

 

狙撃の科学 標的を正確に撃ち抜く技術に迫る (サイエンス・アイ新書)

かの よしのり (著)

 

Amazonのカスタマーレビューより
いい本です。ライフル狩猟者には、実践的で活用できる読んで納得いくことがたくさんあった。これは活用度の高い本である。
一見、読み物のように思えるが、実践的で、ライフル所持者には、活用度の非常に高い本である。
前作の「銃の科学」と一緒に、ライフル所持者には、必読書である。
ライフルの構え方、スコープの付け方、銃のメンテナンス、リロード、ほぼ全てに渡って解説しているので手放せない。

 

 

法改正に完全対応!クレー射撃、狩猟へのファーストステップ!猟銃等講習会(初心者講習)考査絶対合格

猟銃等講習会(初心者講習)考査研究会 (著)

 

内容紹介
実は銃ってほとんどの方が所持できるんです!
所持のための申請方法から実際の試験対策までをオールガイドした唯一の本!
極力ムダな部分をそぎ落とした「まとめテキスト」と、実力を試せる「模擬試験」が入っているので、知識ゼロからでも7日間で合格レベルに達することが可能です!

 

Amazonのカスタマーレビューより
わからないことだらけでも受かる気がする。
全く知らない人でも内容についていけるように工夫されていて、凄くありがたい本。
どんな法律があって、どんなルールがあって、知っておくべき事がちゃんと乗ってる。
最後に模擬問題があるからしっかり予習できる。